3社連続で“クビ”になったアラフォー女が自分を考察してみるブログ

3社連続で“クビ”になったアラフォー女が1人語りをするブログ。

クズ女が古文書講座に通ってみた件。

こんにちは。ハヅキルーぺのCMで渡辺謙が絶叫する

「世の中の字は小さすぎて読めな〜い!!!」

に毎回爆笑してしまうしょうちゃんです。

いつのまにか舘ひろしのバージョンが終わってしまっていて寂しいです。

 

 

さて、今日のブログでは6月に入ってから通い始めた、古文書講座について書きます。

 

私は日本史マニアです。

資料館やお城などに行って古文書を見ては、

いつか自力で解読できたらと思っていました。

 

4月の中旬からご承知の通り突然暇になったので、古文書講座や他の講座について色々調べてみました。

ですがこの手の講座って、たいてい4月や10月始まりが多いんです。

諦めかけた時、あったんです!!!めっちゃ近場に!!!

自分が住んでる杉並区の郷土資料館で、6月の毎週日曜日に開催する全4回の講座を発見したんです。

気付いた時は応募の締め切りが迫っていたので迷うことなく応募。

そして無事当選。

 

そして初回の講座に出かけました。

資料代の400円(おそらくコピー代ですよね)を支払い、資料を受け取り二階へ。

開始時刻の10分前に到着したのですが、部屋はすでにほぼ満員。

そして案の定お年寄りばかり(笑)

日曜日開催なので、もしかしたら若い方もいるのかなと少し期待していたのですが、皆無でした(笑)

しかも講師の久保貴子先生曰く、常連の方が多いんだとか…!

みなさん、入門編ばかり受けてないで卒業しなさいよ(笑)

まぁ、何歳になっても物事を学ぶ姿勢はすごいですけどね。

 

講座に使う資料は全て郷土資料館が所有しているものとのこと。

初回は江戸時代に高井戸周辺を測量した検地帳が資料として使われました。

特に注意はされませんでしたが、一応ブログに上げるのは止めておきます。

その代わりに私のメモを…。

あ、これは3回目の講座でのメモです。

f:id:dame-shochang:20180619184611j:plain

 

古文書の解読は難しいけど、奥が深いです。

昔の人は現代人よりずっと頭が良かったんだなというのが素直な感想です。

(今と違って身分や住まいによって識字率は変わってくるのですが)

漢字はまだいいとして、かなの解読が難しいです。

例えば、「あ」なんて「安」からできた字だって教わりますよね。

でも昔は「阿」も「あ」なんです。

そういうのが混じってくると、マジで読めません。

漢字も今使ってる漢字をイメージして取り掛かると、裏切られます。

もうそういう漢字だって覚えるしかないですよね。

外国語だって思ってしまうと。

一応この講座は24日で終わってしまうのですが、

できればもっと機会を見つけて続けていきたいです。

できたら400円くらいで(笑)

 

 

 

さてさて、転職活動なのですが、本命企業の一次面接を明日に控えています。

仕事はきっとできるはず。

だからこそ面接では変な人に思われたくない、というのが本音です。

とりあえず今夜はコロンビア戦!