3社連続で“クビ”になったアラフォー女が自分を考察してみるブログ

3社連続で“クビ”になったアラフォー女が1人語りをするブログ。

クズ女が達成感を得られた瞬間を回顧してみる。

こんにちは。好きな洋服の素材はレーヨンのしょうちゃんです。

 

中学1年生で友達に裏切られ凹んだ私ですが、学生生活はそこそこ楽しかったです。

何と言っても音楽との出会いが大きかったです。

 

中学1年生の春にスピッツが「ロビンソン」をリリース。

この年を代表する大ヒット曲となりました。

ボーカル草野マサムネの捨てられた子犬のような瞳、

憂いを帯びた歌声とどこか物悲しいサウンド、

MVがモノクロだったのも新鮮でした。

私はあっという間に彼らの音楽の虜になりました。

今でも大好きなバンドです。

そして、音楽業界に怒涛のヴィジュアル系ブームがやってきます。

一番最初にハマったのは 、IZAMが女にしか見えなかったSHZNA。

当時も今でもイロモノ扱いされていますが、名曲がたくさんあるんです。

特に「VOICE」なんて名曲中の名曲なんです。

 

そしてそして、LUNA SEA!!

私が中学生の時はすでに一時代を築いていた彼らでしたが、96年の年末に横浜スタジアムで「真冬の野外」というとんでもないライブを開催し、活動休止を宣言してしまいます。

遅ればせながらLUNA SEAを聴き始めたところ、まさかの活動休止…

 

97年、RYUICHI河村隆一というソロシンガーとなり、大ヒットを飛ばしました。

 

そしてそして待ちに待ったLUNA SEAの活動再開。

私は高校1年生になっていました。

 

私の高校3年間は彼らとともにあったと言っても過言ではありません。

 

 

 

前置きがすごく長くなってしまいました。

前回のブログで「あることをやり遂げた」と書いたのは彼らに関することなのです。

 

活動を再開したその年に彼らはアルバムを発売し、全国ツアーを敢行。

その中に地元・秋田県民会館のライブが入っていたのです。

しかも2days。

私は彼らに喜んでもらいたいと、文通していた県内のスレイブ友とある計画を立てました。

会場を訪れたファン(LUNA SEAの場合スレイブと呼ぶ)にバラの造花を持ってもらい、アンコールでそれを振ってもらおうという計画です。

造花は100均で買うとして、秋田県民会館は全1800席。

単純に計算して、18万円がかかってしまいます。

私1人が用意できる金額ではありません。

そこで私は当時、文通で仲良くしていた県内の他のスレイブ友や、県外から秋田に遠征してくるスレイブ友からカンパを募ることにしました。

みなさん、この計画に賛同してくれお金を少しずつ出してくれました。

身近にいる友達より遠くのスレイブ友…

共通のバンドでしか繋がっていない人たちなのに、本当にありがたかったです。

 

集まった金額は覚えていませんが、大体の人に行き渡る造花の数だったと思います。

ステージからどんな風に見えていたのでしょうか。

メンバーもきっと喜んでくれていたかな…

何より秋田スレイブの熱い想いを届けることができてよかった。

私の行動は大人から見たら痛かったかもしれませんが、今だったら絶対にできない。

いい経験だったと思います。

 

その2年後、LUNA SEAは「終幕」と称し、事実上の解散を発表してしまいます。

新聞に広告が出て、私は泣きながら高校に行きました。

その日は1日中スレイブ友とメールで連絡を取り合い、授業どころじゃなかった。

高校を卒業したら上京していっぱいライブに行くんだって思っていた矢先の出来事でした。

 

ですが、その年も彼らは秋田に来てくれたのです。

アンコールでは感極まった多くのスレイブがステージに駆けつけるという事態が発生しました。

私はその後東京ドームで行われるラストライブには行けなかったので、私は秋田で「終幕」しました。

 

あの時のエネルギー、どこに行った?

できるなら、もう一度起こしてみたい。

 

では、次の更新でお会いしましょう。

 

 

MOTHER

MOTHER

 

 

 私が一番好きなアルバム。

LOVELESSのイントロってどうしてこんなにアガるのかな。