3社連続で“クビ”になったアラフォー女が自分を考察してみるブログ

3社連続で“クビ”になったアラフォー女が1人語りをするブログ。

クズ女が過去に緊張した瞬間を振り返る件。

こんばんは。大泉洋高畑淳子そっくり説を提唱しているしょうちゃんです。

 

さて、課題を転職エージェント経由で送ってもらったところ、

1時間半で通過したと返事が来ました(笑)

いよいよ来週、27日が最終面接です。

一次面接では想定していたことがほとんど聞かれず拍子抜けしてしまったのですが、

最終面接は油断せず臨もうと思います。

 

面接ってめちゃくちゃ緊張しますよね。

私の場合、全身がとにかく熱くなって汗がどっと出て、

普段から早口なのにさらに2倍くらいの早口になってしまいます。

本当ならこちらが会社を選んでやるくらいのテンションで行きたいところなのですが、無職期間はつらいからなかなかそうもいかないですし。

過去、緊張する場面が様々ありました。

振り返ってみたいと思います。

 

  • 中学校の合唱大会で優秀指揮者賞を獲ったとき

 

中学の時クラス対抗で合唱大会がありました。

優勝すると郡大会に出られる罰ゲームご褒美があるっていう。

私は歌うことは好きなのですが超絶音痴のため合唱が苦手でした。

(途中で自分の声がずれていることに気づいて悲しくなるため)

なので軽い気持ちで指揮者に挑戦してみることにしました。

本番ではとにかく緊張で足が震えたのを覚えてます。

ですが、思い切りパーフォーマンスしました。

そしたら優秀指揮者賞ってやつが獲れてしまいました。

母親も見に来てくれていたのでとても喜んでくれました。

未だにそのことを話すくらい。

残念ながらクラス自体は準優勝。

でも優勝してしまったら、もっと大きな会場で指揮をしないとならないので、

準優勝でよかったというのが正直な感想です。

 

  • 生徒会に立候補してステージで公約を話す

 

同じく中学の時何を思ったのか生徒会の執行委員に立候補してしまいました。

初めは全く興味はありませんでした。

しかし、立候補する人が少ないため担任に立候補を打診されたのです。

昔から頼まれごとにNOと言えない性分だったので、渋々立候補することにしました。

推薦者は保育所からの幼なじみにお願いしました。

そして、投票日に体育館のステージに立ちました。

まずは幼なじみが私を推薦する理由を話してくれました。

私は巻き込んでしまったことに申し訳なさを感じていました。

ですが、幼なじみは堂々と話していて感動さえ覚えました。

次は私の番です。

さすがに話した内容までは覚えてませんが、

緊張で身体中が熱くなり、早口でまくし立ててしまいました。

中学校から全く成長してないことがこれで分かります。

結果は…

次点で落選…

最初はやる気ゼロだったのですが、幼なじみを巻き込んでしまったこともあり、

徐々に本気モードになって来ていたので、落選は少し悔しかったです。

 

  • 英語弁論大会に出場する羽目になる

これに関してはあまりいい思い出ではありません。

高校の時英語の弁論大会がありました。

まずは学内で選抜してその後地区大会みたいなやつに出場すると。

これに関しても全く興味はありませんでした。

ですがあまりにも出場する人がいないからと、英語の教師に出場を打診されました。

昔から頼まれごとはNOと言えない性分なので、渋々承諾しました。

(あれこの流れさっきと同じですね…)

練習を経て、学内選抜大会みたいなものに出場しました。

英語って大きい声になればなるほど発音とかめちゃくちゃになる現象ありますよね。

自分に聞こえるくらいの小さな声での練習だったらそこそこ上手に話せるのに、

大勢がいる前で大きな声を出すと発音とかもうめちゃくちゃです。

緊張で何言ってるか分からなくなるし、暗記した言葉が一気に吹っ飛んだりして

一刻も早く終わらせたくてしょうがありませんでした。

 

 

あとは高校受験の時のグループ面接もすごく緊張したのを覚えています。

父親が亡くなった時、母親が本当はやるべき喪主の挨拶を私が代わりにやらなくてはならなくなった時もめちゃめちゃ緊張しました。

でも一番緊張するのは面接ですね。

一次面接の翌日は緊張で体が凝り固まっていたようで、

左肩が上がりませんでした。

クズ女が本命企業の一次面接を突破した件。

こんにちは。街中で「聖書」を持ちながら満面の笑みでモデル立ちをしているお姉さんが気になるしょうちゃんです。

冷やかしのつもりで話しかけてみたらどうなるのでしょうか?

 

さて、昨日は本命企業の一次面接でした。

 

dame-shochang.hatenablog.jp

 

面接は18時からだったため、朝から緊張のあまりずっと喉が乾いている状態でした。

それでも足りない頭をひねりにひねり、

自分なりに質問に対する答えをメモしたりとそれなりに対策をしました。

転職エージェントの担当の方が面接の心得を事前に送ってくださり、

しかも17時に待ち合わせして打ち合わせをしてくださりました。

そこで最終チェックをしていただいたのですが、

ダメ出しの数々…

「そこまで言わなくてもいいです」

「聞かれたことに対して答えればいいんです」

と穏やかな表情でダメ出ししてくる担当さん(笑)

「面接ではありのままの自分を見せればいいんです。色々引き出しを開けたいのは分かりますが、ボロが出るんで」

なるほど〜。

でもそれができないから面接が苦手なわけで。

特に以前に受けた某企業の面接は面接官の外見が少し怖かったのと、

質問の数の多さに対応しきれずトラウマになりつつあったからです。

 

dame-shochang.hatenablog.jp

 

緊張がMAX状態のままいざ企業へ。

何と転職エージェントの担当さんもご挨拶したいということで、オフィスまで一緒に来てくれました。

とても心強かったです。

そして面接官2人がお越しになり、面接スタート。

結果は…

 

結果はなんと…

 

なんとその日のうちに

 

一次面接突破!!!

 

という嬉しいご連絡をいただきました!!!!

 

面接中に

「ぜひ来てもらいたい」

「6月末で退職されるということだからスピーディーに選考します」

と嬉しい言葉をいただいていたので、

正直手応えはありました。

最初の自己紹介は緊張でガッチガチで、自分でもびっくりするくらい声も震えてしまいました。

それに事前にメモしてなかったわけのわからない言葉まがペラペラと出て来てしまい、

コントロール制御不能状態になって本当に焦りました。

(こんな状態になっても客観的に自分を見ていたりするのですが、

これって何かの精神病でしょうか)

ですが面接官は2人とも穏やかな方で、

一問一答のやりとりというよりは、

私の回答に対してさらに色々と聞いてくださるという感じでした。

「なんで〜」「どうして〜」と疑問や矛盾点を突っ込んでくるような意地悪な聞き方ではなくて、こちらが同調しやすいような自然な返しをして来てくださいました。

そして、趣味について聞かれたことにびっくりしましたが、ありのままをお答えしました。

本当に自分に合っている仕事だと思ったし、何よりも大好きなことを扱う仕事なので、こちらからはできることを積極的にアピールしました。

聞かれたことは

・自己紹介

・退職理由

・これまでして来た業務内容の確認

・応募した企業の業務内容の確認

・趣味

・質問タイム

 

何より、

コミュニケーションにロジカルさがない

という理由で「お見送り」された私ではありますが、

転職エージェントの担当さんによると、私の人柄も評価してくださったのこと。

 

やはり、聞き手によるんだなと痛感しました。

聞き手次第で面接しかり、些細な会話しかり、内容が全然変わってくると。

今回の企業は、「お見送り」された企業の面接とは全く趣きが違います。

自分の実力の無さが一番の問題だとは思うのですが、

聞き手次第でこうも落ち着いて自分を出せるものかと。

自分も気をつけようと思った次第です。

 

さてさて、最終面接の前に課題の提出があるので早めに取り掛かろうと思います。

クズ女が古文書講座に通ってみた件。

こんにちは。ハヅキルーぺのCMで渡辺謙が絶叫する

「世の中の字は小さすぎて読めな〜い!!!」

に毎回爆笑してしまうしょうちゃんです。

いつのまにか舘ひろしのバージョンが終わってしまっていて寂しいです。

 

 

さて、今日のブログでは6月に入ってから通い始めた、古文書講座について書きます。

 

私は日本史マニアです。

資料館やお城などに行って古文書を見ては、

いつか自力で解読できたらと思っていました。

 

4月の中旬からご承知の通り突然暇になったので、古文書講座や他の講座について色々調べてみました。

ですがこの手の講座って、たいてい4月や10月始まりが多いんです。

諦めかけた時、あったんです!!!めっちゃ近場に!!!

自分が住んでる杉並区の郷土資料館で、6月の毎週日曜日に開催する全4回の講座を発見したんです。

気付いた時は応募の締め切りが迫っていたので迷うことなく応募。

そして無事当選。

 

そして初回の講座に出かけました。

資料代の400円(おそらくコピー代ですよね)を支払い、資料を受け取り二階へ。

開始時刻の10分前に到着したのですが、部屋はすでにほぼ満員。

そして案の定お年寄りばかり(笑)

日曜日開催なので、もしかしたら若い方もいるのかなと少し期待していたのですが、皆無でした(笑)

しかも講師の久保貴子先生曰く、常連の方が多いんだとか…!

みなさん、入門編ばかり受けてないで卒業しなさいよ(笑)

まぁ、何歳になっても物事を学ぶ姿勢はすごいですけどね。

 

講座に使う資料は全て郷土資料館が所有しているものとのこと。

初回は江戸時代に高井戸周辺を測量した検地帳が資料として使われました。

特に注意はされませんでしたが、一応ブログに上げるのは止めておきます。

その代わりに私のメモを…。

あ、これは3回目の講座でのメモです。

f:id:dame-shochang:20180619184611j:plain

 

古文書の解読は難しいけど、奥が深いです。

昔の人は現代人よりずっと頭が良かったんだなというのが素直な感想です。

(今と違って身分や住まいによって識字率は変わってくるのですが)

漢字はまだいいとして、かなの解読が難しいです。

例えば、「あ」なんて「安」からできた字だって教わりますよね。

でも昔は「阿」も「あ」なんです。

そういうのが混じってくると、マジで読めません。

漢字も今使ってる漢字をイメージして取り掛かると、裏切られます。

もうそういう漢字だって覚えるしかないですよね。

外国語だって思ってしまうと。

一応この講座は24日で終わってしまうのですが、

できればもっと機会を見つけて続けていきたいです。

できたら400円くらいで(笑)

 

 

 

さてさて、転職活動なのですが、本命企業の一次面接を明日に控えています。

仕事はきっとできるはず。

だからこそ面接では変な人に思われたくない、というのが本音です。

とりあえず今夜はコロンビア戦!

クズ女、どうしてもやりたい仕事が見つかる。

こんにちは。もう6月も半ばだというのに仕事が決まらないしょうちゃんです。

ですが、登録4社目の転職エージェントがとてもいい求人を紹介してくれました。

「とてもいい」求人とは、

「私ならできる。やれる」

とまさにドンピシャな求人です。

これまでの転職エージェントが紹介する求人は、

ベンチャーだったり、大企業だったりで、正直私には荷が重すぎる求人ばかりでした。

それに業務内容も、

「●●はやったことないけど、△△だったらできそう」

「勉強すればなんとかやれるかな…」

と胸を張って「できる。やれる」とは言えないものばかりでした。

中途採用なんてほとんど即戦力でないと意味ないのに、

私にとってはそれが難しい求人ばかりでした。

 

今回紹介された求人は本当に自分にぴったりな仕事です。

これまでの経歴を生かせそうです。

転職エージェントに応募してもらったところ、翌日に返事が来たそうで、

20日に一次面接が決まりました。

一次面接の通過後は、

筆記試験→二次面接

という流れだそうです。

 

 

私にはもう後がありません。

ここに来てようやく自分にぴったりな求人を紹介されたのも、きっと何かの縁です。

頑張るのはもちろんですが、

あまり前のめりになるのではなく、冷静沈着に受け答えしたいと思います。

転職エージェントの担当者が面接の前に打ち合わせしてくれるとのことで、

とても心強いです。

(エージェントによっては面接に同行してくれるところもあるようです)

 

ちなにみもう1社応募している会社があります。

こちらは「急募」とうたっていた割には結構のんびりペースの会社のようです。

書類選考に1週間かかり、連絡が来たと思ったら、

課題があり、今は課題選考中?です。

本命は前者の会社なのですが、こちらの会社ももし面接まで行ったら、手を抜かずしっかり受け答えをしたいと思います。

元記者のクズ女がマスコミの在り方について考察してみる。

こんばんは。転職エージェントと面談に行っただけで仕事が決まった気がしてしまうしょうちゃんです。

先日、ネットで気になる記事を見つけました。

www.j-cast.com

 

この記事なんですけど、元芸能記者の私から言わせてもらうと、

本当、申し訳ありません。

この一言に尽きます。

でも、献花台の前を塞いでしまうのはさすがにモラルに欠けますよ。

せめて場所をもう少し移動しましょうよ

と。

では、どうしてこのような事態になるのか。

記者をしていた立場から考察していきます。

 

  1. とにかく急いで記事を書かなくてはならない

まずこれに尽きます。

新聞社も今ではネット社会。

新聞記者もまずは自社のWebサイトに一報を出すことがまずは求められます。

まず一報を出すことにより、Yahoo!しかり各ニュースサイト、キュレーションサイトに転載され、結果自社サイトのPVにつながります。

まず一報を出して、その後どんどん加筆していけば良いのです。

献花台の前の歩道に座り込んで、記事なり写真を送るのは急いでやらなくてはならないからです。

今回ネタになっているのは、“秋葉原無差別殺傷事件から10年”です。

世間を震撼させた重大事件だったからこそ速報性が求められます。

そのためカフェなんかに入ってゆっくり原稿を書いている暇はなく、

結果的に地べたに座って記事を書くことになってしまうのです。

 

夜中に新宿・花園神社で虫に刺されながら記事を書いた

元タレントの島田紳助さんが2011年8月に突如芸能界を引退しました。

暴力団との交際が報じられた紳助さんは急遽会見を吉本興業本部で開きました。

当時私は別の取材でお台場にいたのですが、

紳助さんが急遽会見を開くというので急いで新宿に向かいました。

会見は確か21時からだったと思います。

そこから1時間以上会見が行われ、その後吉本の担当者の取材もしなくてはなりませんでした。

どうしてかというと、紳助さんのコメントの事実確認やすり合わせなどをしなくてはならないからです。

記者として疑問をそのままにしておくわけにいかないのです。

会見には記者2人以上で来ている媒体がほとんどでしたが、私はたった1人でした。

吉本を出た時点でかなり遅い時間でした。

カフェやファミレスに入ってる時間も惜しいくらいに焦っていた私は、

吉本興業のすぐそばにある花園神社の階段で原稿を書き始めました。

8月だったので夜でもすごく暑くて蚊に刺されまくったことを覚えています。

暗くて怖かったのですが移動する時間すら惜しい。

すぐ前に交番があるから大丈夫だろうと、とにかく一心不乱に原稿を書きました。

なんとか終電で帰れたからよかったのですが、

とにかく急いで記事にしないといけない時は、結果的に外で書いてしまうことも辞さないのです。

 

 2.終わりが見えない取材だからその場を離れられない

 

タレントが登場するイベントの取材の場合は時間や場所が決まっています。

企業のお偉いさんの挨拶

タレントの登場・トークセッション

フォトセッション

↓ 

タレントの囲み取材

 

この流れが一般的で大体1時間〜1時間半くらいで終わります。

タレントの写真集発売イベントなんかだと、お偉いさんの挨拶がないですから、

30分程度で終わることもあります。

ですが、記者には張り込み取材という終わりが見えない取材もあります。

今回も秋葉原の取材に関しても、張り込み取材に近い取材の形と言えます。

要は、取材対象者は特に決められておらず、

撮れ高次第で撤収というぼんやりとした取材なのです。

記者としては、被害者の遺族や友人・知人クラスの方が来てくれたらラッキー。

通りすがりの人がたまたま献花台があったから手を合わせた

レベルでは物足りません。

どんな人が来るかわからないので、記者はその場から離れることができません。

もし離れたタイミングで上に挙げたような方が来て、なおかつ取材に応じてくれたら…。

上司に怒られること間違いなしです。

結果地べたに座り、他社と談笑して時間を潰すしか無くなってしまうのです。

 

私もこういう張り込み取材は何度も経験しました。

その場にいることが仕事なのですから、やはり他社の記者と談笑して時間を潰すしかやることがなくなってしまいます。

 

この記事には献花台のそばに記者が座り込んでいたり、

お花の前に脚立を置いている写真が公開されています。

これでは純粋に慰霊の気持ちでこの場所を訪れた方々が気を悪くしても当然です。

そして手を合わせているところを写真に撮られます。

きっと許可なんて取ってないと思います。

「早く記事にしなくちゃ」

「いい写真を撮らなくちゃ」

という命題で記者は動いてますから、きっとこの時も周りは見えてなかったと思います。

記者も周りから見られていることに自覚を持ち、節度ある行動が求められます。

今回の場合は、突発的に起こった事件・事故ではありません。

あらかじめ地元の商店街や警察に相談をして、取材スペースを確保しておけばよかったのではないかと思います。

(あくまでも私個人の考えであり、難しいかもしれません)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クズ女がこれまでの旅行記を振り返る件。

こんにちは。旅行が大好きなのにパッキングが全然上手くならないしょうちゃんです。

女子ですから

あれもこれも持っていかなくては…

ってなりますよね⭐︎

 

今行きたいところは、ズバリ鹿児島でごわす!

f:id:dame-shochang:20180607111345j:plain

桜島どーん!

(写真はフリー素材)

錦江湾ばーん!

西郷どーん!気張れ〜チェスト〜

大河ドラマの影響受けまくりです。

次の仕事をとっとと決めて鹿児島に一人で行ったやろうと画策してましたが、

どうやら無事に無理のようです。

 

私の趣味は旅行です。

独り身の時からちょこちょこ出かけてはいましたが、

夫と結婚して金銭的に余裕ができました。

そのおかげもありさらにあちこち行っていたので、自分の記憶を掘り起こす意味も込めて紹介します。

 

 

2012年11月:静岡・土肥温泉に一泊(夫と)

2013年2月:埼玉・川越(夫と)

2013年3月:沖縄・那覇久米島に二泊三日(夫と)

   6月:結婚

     長野・善光寺戸隠神社へ一泊(夫と)

   7月:FUJI ROCK FESTIVALで一泊(夫と)

   9月:伊豆大島に一泊(夫と)

   10月:小田原(夫と)

 

2014年1月:沖縄・石垣島竹富島西表島へ二泊三日(夫と)

   2月:千葉・成田山(一人で)

   3月:茨城・偕楽園袋田の滝(夫と)

   4月:長野・上田城別所温泉(夫と)

   7月:京都に一泊二日(夫と)

   9月:小笠原諸島へ一週間(夫と)

    :長野・諏訪神社に一泊(一人で)

   10月:神奈川・猿島(夫と)

    :栃木・川治温泉に一泊(一人で)

 

2015年2月:京都に一泊二日(一人で)

     :新潟にスキー旅行(夫と)

    3月:香港とマカオ三泊四日(夫と)

      ※初の海外旅行

   6月:東京・御岳山へ(一人で)

   12月:岐阜:白川郷へ一泊二日(夫と)

 

2016年2月:バリ島へ三泊四日(夫と)

   8月:東京:陣馬山→景信山(夫と)

 

2017年3月:沖縄旅行へ三泊四日(夫と)

   12月:京都へ一泊二日(夫と)

 

2018年4月:宮城県へ震災遺構巡り(夫と夫の友人と)

 

ざっとこんな感じでしょうか。

特に2013年〜2014年あたりが怒涛ですね。

他にも独身時代に一人で伊勢神宮に行ってますし、スキー旅行にも何度か行ってますね。

次回はこの中で最も思い入れのある小笠原旅行について書きたいと思います。

 

f:id:dame-shochang:20180607121616j:plain           見よ、これがボニンブルーだ!!

 

撮影は私。

クズ女が夢の中でクビにした奴を叱責した件。

こんばんは。むか〜し中2病を炸裂させていた時期に買った、雨宮処凛の「自殺のコスト」を読み返しているしょうちゃんです。

 

さて、今朝見た夢の話をしたいと思います。

夫は毎週水曜日は「早番」ということで、6時半に自宅を出ます。

(6時半に出社したからといって帰ってくるのはいつも遅いです)

もちろん私も一緒に起きるのですが、夫が自宅を出た後、どうしてもまた寝てしまいます。

眠りが浅いのでよく夢を見るのですが、

今朝は4月まで勤めていた派遣先の某大手IT会社の女性社員が出てきました。 

 

この女性社員から私は昨年12月に、 

「今自分がやっている仕事をやってほしい」

と打診されました。

説明を受けて忙しくなることは確信しました。

時給は上がらないので少し躊躇していましたが、それまで朝7時出社なのが9時出社になるということで、なんとなく断る理由がないまま新しい仕事を引き受けてしまいました。

 

dame-shochang.hatenablog.jp

 

 

「鮮度が命」みたいな業務だったので、パソコンの前から離れることがなかなか難しく、休憩中も自分の席から離れることができませんでした。

昼食取りながらも自分の席にいるもんだから、

連絡がどんどん入ってきては仕事…

と悪循環が続いてしまっていました。

月に一度のランチ会もためらってしまうほどでした。

週に一度はこの女性社員と1対1のミーティングがあり、PV数などの振り返りを行いました。

PV数が良かったものに関してはそれなりにお褒めの言葉をいただきましたが、

芳しくなかったものに関しては、

どうしてこういう見出しにしたの

どうしてこの言葉を使わなかったの

と、厳しい言葉を受けることも多々ありました。

 

全部派遣に丸投げにしてるくせに

 

私はだんだんイライラが募るようになりました。

 

そして

そこまで言うなら自分がやれよ

派遣に何求めてんだよ

 

と思うようになりました。

というか

この女性社員とウマが合わない…

と私は気づきました。

外野の人だったから普通に話せていい人だと思っていたのに、いきなり自分の上司になったらやりづらくなった経験はありませんか?

普段はニコニコしてる人でしたが、ミスに関してはとても厳しい人でした。

でも、

派遣にやらせるには少し責任が大きすぎやしないか?

ほかの派遣社員はチーム制で動いているので、居眠りが多くてクビになった人はいましたが、ささいなミスはチーム制ですからそこまで個人攻撃されることはありませんでした。

 ですが、私がやっている仕事は私しかやってない。

何かあった時いろいろ言われるのはもちろん私です。

 

結果、私はその会社から“クビ”を言い渡されました。

その女性社員が決めたのかは分かりませんが、会社に口添えをしたのは確かでしょう。

だってその人しか私の仕事ぶりはわからないのだから。

 

夢の中でその女性社員がどんな経緯で出てきたのかは覚えてません。

私は夢の中で思いきり汚い言葉で罵りました。

 

一生恨んでやる!!

 

その人に対して思っていた言葉が出てきたような気がします。

派遣は同一事業所に3年しか働くことができません。

遅かれ早かれ来年の11月までしか働けませんでした。

ですが、

何もフォローしてくれなかったこと。

こんな形で突然解雇したこと。

その女性社員を私は一生恨みます。

8年間働いた会社の上司とともに私はずっと恨みます。

 

自殺のコスト

自殺のコスト

 

 なんだかんだで名著だと思います。